椎間板ヘルニアの治療体験記


[PR]

すべり症の治療でお困りならこちらのサイトをご覧下さい。

ブロック注射の専門サイトはこちらです。

車売る 一括査定をご紹介。

椎間板ヘルニア治療体験記

このサイトは今年32歳になる男が椎間板ヘルニアと12年間闘ってきた記録です。これからお話することに一切の嘘、偽りもありません。全て本当の話です。

初めまして、Kと言います。仕事の都合上、本名を名乗ることができませんので、ご了承ください。これからお話することは、私が12年間にも及ぶ長い期間、椎間板ヘルニアと闘ってきた記録です。

何故、このようなサイトを作成したかというと、私と同じように椎間板ヘルニアで悩んでいる方が日本には多くいて、なかなか完治できずに悩んでいる人がたくさんいらっしゃいます。

私は12年間、椎間板ヘルニアと闘ってきた結果、なんとか自力で日常生活に支障がないほどに回復することができました。

そこで、私の経験を通じて、椎間板ヘルニアに効果が高かった治療法や、何度も通っても無駄足になった病院など、色々なお話しをさせていただき、少しでも多くの方の参考にして頂ければと思い、サイトを立ち上げました。

正直、完全に趣味のサイトになっていますので、コーヒーやお茶でも飲みながら、気軽に読み進めてもらえればと思います。

ですが、椎間板ヘルニアが酷い方は椅子に座っていることも辛いと思いますので、上手く休憩しながら、読み進めてみてください。

→椎間板ヘルニア治療体験記の続きはこちらをクリックしてください。

椎間板ヘルニアは何故起こる?

椎間板ヘルニアとは、椎間板の神経根が、骨の変性などで圧迫されてしまい、患者が痛みを伴う病気です。放置しておくと、さらに病状が悪化してしまう危険性があることから、出来る限り早期の治療が望ましい病気の一つということがいえます。

MRIやCTスキャンなどによって、早期に病状を把握することで、リハビリや物理療法によって、改善することもありますが、放置しておくと、さらに病状が悪化してしまい、最終的に取り返しのつかないことになることもあるので、出来る限り早期に治療をするように心がけることが、非常に望ましい方法ということがいえます。

椎間板ヘルニアは、現在であれば、必ずしも「手術」をしなければ治らない、という病気ではなく、保存療法などによって、確実に症状を緩和することや、状況によっては、ブロック注射などによって、痛みを改善する方法などが取られることもあり、状況によって、臨機応変に対応することによって、痛みを大幅に改善できることでも知られています。

また、画像結果によっては、椎間板ヘルニアということが分からないこともあるので、その場合、医師に相談して、正確に病状を伝えることによって、病状を安定して改善することに役立ちます。

放置すると、病状がさらに悪化してしまうようなことになりかねないので、出来る限り無理をすることなく、スマートに病状を改善できるように心がけるようにしてください。

また、椎間板ヘルニアは痛みは個人差がはっきりと出るため、必ずしも、痛みによって、症状が悪化するとは限りません。そのため、出来る限り適切な治療を心掛けることによって、痛み全体をケアすることも出来ますし、症状を大幅に緩和することもできます。

治療に対しては、出来る限り医師の指示に従って、無理のない形式で対応できるようにしておくことが望ましいでしょう。また、寝返りや日々の屈伸などによっても、痛みをさらに悪化させるようなことがあるので、注意してください。

お薦めサイト一覧

椎間板ヘルニアの手術でお悩みの方はこちらのサイトを一度ご覧ください。

頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方は頚椎ヘルニア治療NAVIをご覧ください。

変形性膝関節症でお困りの方は中川式治療法 変形性膝関節症改善編がお薦めです。

新着情報

 2016年09月05日:スイーツで健康になる
 2016年05月23日:急性期
 2016年05月23日:痛みについて